更新再開711日目。書店。

2017年2月3日 update!

(プレ創刊から2717回目の更新。)
カルチェのパンマスです。
ちょっといい感じの話を聞けたのでメモ。
腑に落ちた、というのはこういうことなんでしょね。
話の内容はこうです。本について。
※ぼくの理解で書いてますので、
聞いた話そのままの引用ではありません。

本を読むことの本質は、
それを書いた人の言葉を聞くこと。
だから、本来はその人から直接聞くのが一番だ。
でも会えない人の話は聞けない。
だから本を読む。
とすれば、書店の本質は
書いた人の話を伝えることだ。

なるほど、でしょ。
その本は何を伝えようとしているのか。
読む人の理解を促すために、
様々な策を施している書店があるそうです。
そのうちのいくつかを聞きましたが、
目的がハッキリしているから、
やっていることが多様でも
まったくぶれていませんでした。
この話、久々にスッキリしました。

今日もカルチェに来てくれてありがとうございます。
奇抜に見える展開も実は真っ当だった、と。

さて、本日のカルチェです。
とは言っても、もう長い間
このページ以外の更新はしていません。
連載ページ、情報ページも過去のものですので、
データなどが変更になっていると思います。
もしお読みくださる際は、その点にご注意ください。
過去の主な記事へは、こっち↓からもどうぞ。

好評掲載中!
↓(バナークリックでプロローグへ。)

mentsudan-b

おもしろいプロジェクトです。
↓(バナークリックでプロローグへ。)

busshozan0-b2

美術は楽しいもんだ。
※記事中の企画展は終了しています。
↓(バナークリックでプロローグへ。)

momocadf-b2